なぜ日本人は神社参拝するのか?

前回のブログでは
「神社ってなに?」ということを
お伝えしていました


神社は人の都合によって建てられたものであり
わざわざ神社に行かなくても、日常で
自分の生活の中でも


神様は感じられるのです(=゚ω゚)ノ


というのが前提なのですが
それでも、神社に行くには理由があるのです


神社に行く理由



神社を建てたら、そこに神様がやってくるのではなく
神様がいるところに、神社を建てたのです


神様は大自然だと言いましたが
その中でも、特に「氣」が集まった場所


「龍脈」とか「龍穴(りゅうけつ)」とか言ったりしますが
そういったところに、神社を建てたのです


ということはですね
神社はとてもたくさんの「氣」が集まった場所といえるのです


ドラゴンボールで孫悟空が作る「元気玉」
あんな感じでしょうか?(笑)


気が集まって、固まったものを敵にぶつけるのか
それとも、そこから元気のおすそ分けをいただくのか・・・


というか、冷静に考えたら
大自然の気を集めたボールなら、その名の通り


触れたら、敵も元気になっちゃうんじゃないのか・・・?


という疑問を持ったのは、私だけではないはずです(笑)



が、過ぎたるは・・・と言いますので
良いモノでも、過剰になるとダメなのかもしれません(笑)

電気も、微弱電流なら、健康にいいけれど
ある一定量を越したら、電気ショックを起こしてしまいますから
そういった関係性なのかな?と・・・


で、そのエネルギーが集まった場所
さらに、結界を張って、そのエネルギーを
高めたり清めたりして守っている場所


神主さんたちが、掃き清め
常に清浄が保たれている場所
鎮守の森によって、緑に囲まれた場所


現実的にも、そういった場所に行って
元気にならないはずはありません


神社は、神様がいるいないはとりあえず置いておいて
その場所に行くだけでも、


たくさんのエネルギーをいただける場所なのです(; ・`д・´)


元気のもとと、活力のもと



エネルギーには二種類あって
一つは現実的なエネルギー(活力)
もう一つは、精神的なエネルギー(元気)


現実的なエネルギーは
生命活動に必要なエネルギーです


精神的なエネルギーは
自分の人生を切り開いていくエネルギー


言い換えれば、天命成就のために必要なエネルギー
開運するのに必要なエネルギーなのです


分かりやすく言うと、人は食事をとらないと
最終的には餓死してしまいます


それは、生命活動に必要なエネルギーを摂取できないからです
食べたものは体内で分解され、血肉となり、体を動かします


ご飯を食べたときに
食べただけで元気になれるごはんがあります
物質的な燃料ではなく、「元気」のもと


これが、精神的なエネルギー
天命成就に必要なエネルギーです


この精神的なエネルギーに満ちた人を「元気な人」
逆に足りていない人を「元気がない」と言います


ということは、このエネルギーは
食べ物からだけではなく
人や、景色、場所からもいただけるモノだとわかります


あの場所に行くと、元気になる
あの人に会うと、元気になる


などです


なので、人は日常生活でその「氣」を
色々な人や食べ物、場所からもらいながら
自分の人生を進めているのです


その「氣」が人生を切り開くための燃料になるため
「元気な人」は、どんどん運がよくなっていき


「元気のない人」は、運が悪くなって行ったり
自分の人生を変えたいと思っても、なかなか変わらない・・・
と、なるのです


どういう時に神社に行くといいのか?



で、神社参拝ですよね
どういう時に神社参拝に行くのか、考えてみましょう

安産祈願

初宮参り

七五三

学業成就

成人報告

厄払い

結婚

初詣

困ったときの神頼み

恋愛成就

病気平癒

など見てみると、人生の通過儀礼になっていることがわかります


日本人は、昔から
人生の重要な局面で、神社に参拝するのです


人生の中での重要な局面だからこそ
いつも以上のエネルギーが必要になってくるのです


毎日の日常の中で、人やごはんなどからいただく「氣」では
とてもまかなえないほどの量が
人生のターニングポイントでは必要になります


日常の中でいただくエネルギーを、毎月のお給料としたら
神社でいただくエネルギーは、ボーナスのようなものでしょうか(笑)


人生の師となる人に出会うためにもエネルギーは必要です
恋愛成就にも、エネルギーは必要です
何かを学ぶにも、エネルギーは必要です


元気じゃないと、人生は変わりません
やる「気」がないと、学問も身に付きません


だから、困った時の神頼み
人生がなかなかうまくいかない時には
神社に行って元気をもらう(=゚ω゚)ノ


目には見えないけれど
確実にそこにあるエネルギーをいただくのです♪


※神社参拝と言っても
どの神社でもいいというわけではありませんが
このあたりのことは、また別の機会に♪


神社参拝に作法がある理由



で、神社参拝も、ただその場所に行けば
エネルギーがもらえるのかというとそうではありません


もちろん、その場に行った時点で
何かしらのエネルギーはもらえますが


神社によっては、神様の前での柏手の回数や例の回数が違ったり
お参りする順番があったりと


何かしらの手順を踏むことが必要な場合があります


また、お賽銭を入れて、本殿の前でお参りするのと
神主さんに祝詞を上げてもらうのと
巫女さんに舞を舞ってもらうのと・・・


参拝のスタイルも、たくさんあります


ものすごく雑に言ってしまうと
手順を踏むことで、もらえるエネルギーも変わる


日にちを選ぶことでも、変わる
(例えば、お祭りの日とか・・・)


神社参拝は、知れば知るほど奥深く
そして、人生には欠かせない行事なのです


だからこそ、自分がお参りする神社のことをちゃんと知ってから
参拝することで、人生がどんどん変わっていくのです


というわけで、今回のブログでは
「なぜ、神社参拝するのか?」をお伝えしました


人生の変わり目や
自分自身や、人生を変えたいときに
必要なエネルギーをいただく場所が、神社(*’ω’*)


次回は、なぜ、お茶と神社が関係あるのかについて
お話ししていきたいと思います♪


それでは皆様
今日も良いお茶タイムを(=゚ω゚)ノ

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

茶肆ゆにわのメールマガジンが届くコミュニティサイト
ご登録はコチラから!!
↓  ↓  ↓
「おちゃ部!!」

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

お茶は昔から人の「覚醒」や「幸せ」のために使われてきました

自分の人生に悩んだときは お茶に聞いてみてください

きっと、今よりももっと輝ける自分 大切な人との未来が開けます( *´艸`)

 

たかがお茶

されどお茶

お茶は人生を変える不思議な飲み物です♪

 

『 神様に愛される 一杯の「お茶」習慣 』

茶人 こがみのり / 自由国民社

 

Amazonで購入


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です