ようこそ、ゲストさん。

茶肆ゆにわ

茶肆ゆにわコンテンツ

  • おちゃ部
    ゲスト
    アイコン

    こがみのり

    質問にお答えします 4。

    おちゃ部員さん(Aさん)からの質問をいただきましたので
    こが的に、お答えさせていただきます


    *・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。


    Q:
    仕事での質問です
    忙しい時に部下に質問され、答えたものの

    「この忙しい時に、なぜ急ぎでない簡単な質問をするのか」と
    イラッとしてしまったことを反省ました(;´Д`)

    我がことを優先させた思考だったと思いました・・・
    でも、今後、同じ状況になった場合、良い対応ができるか分かりません

    どんなにスケジュールが詰まっていても、部下の話は聞く
    ・・・でも、まだ忙しい時に急ぎでない質問に答えたくない
    そう思う心と葛藤中です(T_T)

    どうしたらいいですか??


    +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


    A:
    では、その部下が明日死ぬと宣告されても
    同じ態度になりますか?


    その部下は、「自分の部下」ではなく
    神様が与えてくれた、「恩寵(ギフト)」です(・∀・)


    自分の器を大きくするための
    精神的成長の学びをくれる「ギフト」です


    「忙しいのに・・・」と思ったときが、チャンスです(゚∀゚)
    返答一つで、いろんなことを伝えられますよ♪


    茶肆の助手くんも、私がお茶を淹れてたり
    このタイミングはやめてくれというタイミングで


    ピンポイントで話しかけてくることもありますΣ(´∀`;)


    その時は、とりあえず無視します
    または目で威嚇する(笑)


    で、大丈夫なタイミングになったら、助手くんを呼んで

    さっきの質問は何か?

    今このタイミングで質問するかどうかの必要性を考えたか?

    考えた上で・・・質問するにしても
    まず相手の状況を察してよщ(゚д゚щ)

    自分だけのペースで生きてんちゃうぞ!!と、説教します(-_-)


    自分が聞きたいタイミングが
    相手の聞けるタイミングとは限らない


    だから、先ずは察すること!
    それは、仕事を離れて友人や家族といるときも同じ
    など、話をすると思います(・∀・)


    そしたら、次からはきっと、助手くんも気をつけると思います
    一回怒られてるから(笑)


    もし、忘れていたら・・・
    何度も何度も言うしかありません(;・∀・)


    北極老人も100回言ったって
    人は忘れて、同じこと繰り返すから


    100回でだめなら200回
    それでもダメなら1000回
    それでもダメなら、死ぬまで言い続けるくらいは覚悟いるよね・・・(笑)


    でも、人を育てるってそれくらいエネルギーがいることだ
    と、よく言われます(;・∀・)


    自分が「この忙しい時に、なぜ急ぎでない簡単な質問をするのか」と思って、
    イラッとするのも、自分の時間で生きているからですし
    またちょっとだけ・・・


    「 傲慢 」でもありますΣ(´∀`;)


    目の前の部下は、神様から
    「この人と、一体感を感じ、阿吽の呼吸で
    良い仕事ができるように教育し、自分も学んで行きなさい。」
    と、与えられたAさんの成長のための
    ラッキーパーソンですよ(゚∀゚)ノシ


    *・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。

    人は、ついつい感謝を忘れてしまう生き物で
    五体満足で要られること
    日本という国に生まれてきたこと
    当たり前に勉強ができて
    毎日のご飯をいただけて
    教育も十分受けられる
    選択の自由もある


    こんなに恵まれた環境に生まれているのに
    ついつい、そこに対する感謝を忘れてしまう


    それはたいてい、自分のことを見ている時
    自分のことしか見てない時


    イラッとしたら・・・
    つい、グチを言いそうになったら・・・
    誰かを責めてる時・・・
    自分を責めてる時・・・


    それを思い出したらいいですね
    「朝この環境が、目の前の人がいなくなるとしても
    今と同じ態度で向き合うのか??」って(-_-)


    その後、質問者さんから
    メールが来ていました


    +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


    「 では、その部下が明日死ぬと宣告されても、同じ態度になりますか?」  


    この言葉、衝撃でした。
    同じ態度はしません。

    忙しい時この言葉を反芻してから、
    他者に対応しようと思いました。

    それから、自分の中に「部下に聞かれたら、
    答えなければならない。」という
    思い込みがあったのに気づきました。

    忙しい時に、急ぎでない質問をされた場合、必
    ずしもその場で答える必要はない、
    大丈夫なタイミングで教えれば良いと分かりスッキリしました。

    今回私は、部下の質問に答え、
    その後「その質問は急ぎではないよ」と伝え、
    部下は「自分にとっては急ぎだった」と言い、
    時間がなくなった私は

    「違う」とのみ言い、話をそこで終わらせてしまいました。
    中途半端でした・・。


    部下(あ、神様からのギフトでした)に
    がっつり向き合っていないことにも気づきました。

    今でも忙しいのに、(がっつり向き合ったら)これ以上忙しくなる、
    体力も要する、と思っていました。

    また、少し前までこの部下のことを、
    自分のことばかり考えていて、
    評価される仕事しかせず、自分の思い通りになるように行動する腹黒いこの部下が嫌い
    (ああ・・言ってしまいました。私器が小さいです)と思っていました。

    最近は、何とか、「自分のやるべきことは評価されにくいことでもすべし」、と教え、
    いつものように助け舟を出さず、
    何とか1つ仕事をやってもらったばかりでした。
    (その後かなりいい感じに2人のコミュニケーションはとれていました。)

    そこで次のお題が来た感じです。


    それから・・・はい、自分の時間で生きるのが好きです。
    ばれました、というか水戸黄門の印籠みたいに目の前につきつけられました。
    昔からそうでした・・・。傲慢です。

    神様からのギフトと、最小公倍数を探します。





    Aさん、また茶肆に来てくださいねー(゚∀゚)
    お待ちしています(*´∀`*)


    こがみ
    2017.2.19
  • おちゃ部
    ゲスト
    アイコン

    こがみのり

    質問にお答えします。 ③

    A

    :茶道を習っていて、お茶が好きで、自宅マンションに炉を切って茶室も作り、茶事をしたり、茶道を教えたりしています。

    それで「悟りのお茶」と見て、単純に「お茶=茶道(抹茶)」の精神的な向上が出来ると思って申し込んだのですが
    一応確認しておこうとメール差し上げています。

    質問:「悟りのお茶」コースでご指導頂けるお茶の中に、抹茶(薄茶または濃茶)は、含まれていますでしょうか?

    以上、よろしくお願いします。



    Q

    :こんにちは。
    茶肆ゆにわの古閑みのりと申します。


    半年間講座へのお問い合わせを頂き、ありがとうございます。
    まず、結論から申し上げますと「お茶=茶道(抹茶)」ではなく


    広義の「お茶」となります。
    煎茶、抹茶、中国茶、を始めとして、東洋のお茶を指しています。


    東洋のお茶の背景にある、
    神道、錬丹術、禅、原始キリスト教などの精神向上の部分を学び、
    実践していただくという講座となっております。


    基本的に、講座自体は講義となり、別日で茶肆ゆにわで実践の時間を設けます。
    (こちらは参加は自由です)
    お茶の練習をしながら、セミナーでわかりにくかった部分などがあれば、
    この時間に個別に聞いていただけたらと思います。


    セミナーの内容には、もちろん抹茶の話も含まれますが
    実践はお煎茶での実践となります。


    何故お煎茶でなのかというと、幾つか理由はありますが、現実的な理由は、
    お茶に馴染みのない人でも簡単にできることと、


    日頃飲んでいるお茶との比較がしやすいため、
    お煎茶で実践したほうがわかりやすいことが、あります。


    一番重要な理由は、これはメールでお返事できるような内容ではないため
    講座にて、お話させていただきます。


    茶道、煎茶道、中国茶芸にはそれぞれの歴史と、背景がありますが
    東洋で飲まれるお茶は常に「精神向上」と密接なつながりがありますので


    抹茶も含んだ、広い意味での「お茶」の世界を通して、
    精神向上に繋げられたらと思っています。


    長くなりましたが、再度ご検討下さいませ。
    最後までお読み頂き、ありがとうございました。


    茶肆ゆにわ  古閑みのり
    2017.2.18
  • おちゃ部
    ゲスト
    アイコン

    こがみのり

    質問にお答えします こがみ。


    先日の、お茶の半年間講座について
    Y・Yさまからご質問をいただきましたので

    お答えさせていただきます。

    *・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。


    こんばんは!

    お茶講座について伺いたいと思って
    メールさせて頂きました。

    ゆにわ塾生に入会しなければ、
    受講できないのですか?

    もう少し詳しくお聞かせ頂きたくお願い申し上げます!


    *・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。


    お茶講座にお問い合わせいただきまして
    ありがとうございます。

    お茶講座は、ゆにわ塾のコンテンツの一つとして
    開講いたしますのでゆにわ塾の会員様対象の講座となっております。


    ゆにわ塾は、お食事ゆにわのちこ店長や
    北極流占い師 羽賀ヒカル
    経営コンサルタントの小田真嘉などをはじめとして

    多彩な講師陣が色々な観点から
    嘘偽りの無い、本当に幸せな生き方や
    心を高める道をお伝えし
    総合的に学んでいただくのですが

    今回ご案内させていただきました半年間講座は
    総合的に学びながらも

    やはり実践は必要となりますので
    何か一つの分野でしっかり実践し
    ご自身の日常生活の中で活かし

    見るだけ、聞くだけの知的欲求を満たして終わったり
    結局行動せずに終わり、自分を責めて自己嫌悪になるという
    よくある悪い循環から抜け出していただきたいと思い

    「 ホンキで実践するための 」半年間にしていただくために
    開講させていただくことになりました


    実践すると言っても
    一人では中々続かないのが現状です。

    一人では、日曜の忙しさや惰性に負けてしまいがちです・・・

    だから、講師や、同じ道を行く仲間たちと支えあって
    みんなでちょっとづつ進んでいくのです。
    みんなで高めあっていきたいのです。


    というわけで勉強と実践の両立が必要なので
    ゆにわ塾と半年間講座は
    切り離すことが出来ないのです。

    長文になってしまい、大変申し訳ありませんが
    何卒ご理解くださいますよう、お願いいたします。

    また何かわからない事だがございましたら
    いつでもお問い合わせくださいませ。

    茶肆ゆにわ  こがみのり
    2017.2.11
  • おちゃ部
    ゲスト
    アイコン

    こがみのり

    井の中の蛙。

    人生を変える数字「21」
    安定数と連続数の最小公倍数です


    人ってね、21日間続けられたら
    何かしら変わるものなんです


    でも、もしその変化が
    大きければ大きいほど
    すぐには現実には反映されないので
    ひたすら続けるしか無いのです


    何か、現実が変わるその日まで


    神様は自分よりも、自分のことをよく知っています


    自分の未来まで見通して、導いてくれます
    だから、今、ちっさなお願い事を叶えるよりも
    少し我慢させて、後で大きいご褒美を用意しよう


    なんて、やってくれるんですが
    哀しいかな
    人は、自分の可能性よりも
    目先の利益を優先するのです


    もし、人生を変えたいと思うなら
    「自分の考えられる範囲内」での願望がかなったところで
    それでは、「自分の考えられる範囲内」でのいいことが起こっただけ


    人生が変わったとはいい難い
    だって、人生が変わるということは、
    これまでの自分には想像もつかない・・・
    「自分の考えられる範囲を超えた」事が起こり始めるから


    だから、人生を変えたいと願うなら
    自分の嫌なこと、予想外のこともどんどん受け入れていくべきなのです



    自分にとって、不都合だと思われることも
    案外、あとから振り返ってみると
    変化に必要な何かだったりするものです


    井の中の蛙には、井戸の中からみる空以外の世界は見えません


    でも、その自分の世界から飛び出してみたら
    空はどこまでも広く
    井戸の中なんかよりももっと大きな水(海)が広がっている


    それは、井戸の中にいたときには
    考えもつかないこと


    外に出るには、苦労もするけど
    その分可能性は無限大に広がる


    何事も自分都合ばかりを願うのではなく
    ひたすら、愚直に、自分に与えられた課題と向き合い続けるのみ


    続けたものにしか、新しい世界の扉は開けません(((((((((((っ・ω・)っ
    人は分岐点(人生の岐路)に経った時
    必然的に、悩んでいます


    先の見通しが立たないから
    どうにも進めない


    でも、自分で選んで進むしか無い
    進んだものにしか、その道が正解だったかどうかなんてわからないし
    もし万が一失敗だったとしても、新しい可能性が見えているはず
    少なくとも、ゴールに向かってはすすんでいるし


    悩んで進まないものには、確かに失敗もないかもしれないけど
    ゴールにはまだ一歩も近づけない


    やり続けるしか無いですよね
    人生が終わるその日までΣ(´∀`;)

    PS
    お坊さんのような食生活は昨日で終わり♪
    今日からはお昼だけ抹茶とおかゆ



    お昼のおかゆtimeは、すごく贅沢で
    ほんと、自分って、普段はなんて贅沢してるんだろうと
    思いつつも、そもそもこのお粥も、漬物も
    食材・米・水、全部贅沢で
    食べてる空間もかなり贅沢で・・・


    ということに気がつける
    とても素晴らしい時間です(*´∀`*)


    こんど、助手くんにも
    抹茶→おかゆ→座禅習慣をさせようと思います


    感覚も鋭くなりますしね♪



    こがみ
    2017.1.27
  • おちゃ部
    ゲスト
    アイコン

    こがみのり

    異文化交流 こが。

    パソコン作業に没頭中の助手くん



    お気づきの方もおられてかと思いますが
    こが、髪切りました
    俗に言う on theまゆげ というやつです(笑)

    助手くんも切りました
    スッキリして、良い感じに仕上がりました(・∀・)

    最近思うことがありまして
    もっと茶肆を文化的交流の場にしたいなーって

    たとえば、定期的に書道会をやるとか
    読書会をやるとか
    お茶会はもちろんのこと
    雅楽とかの音楽会とかも・・・いーなーと(笑)

    まあ、考えるだけならただなので
    色々妄想しています(・∀・)
    でも、書道会はありかなと

    北老も書を嗜みますし
    何より、墨で書く文字は気を宿しますので
    その文字の表す姿をこの空間で呼ぶことが出来たらいいだろうなーと
    思う次第です(*´艸`*)

    まあ、妄想の域をでませんが
    とりあえず、今日も筆ペンで一人書道会です(((((((((((っ・ω・)っ
    2017.1.9
  • ゲスト
    アイコン

    こがみのり

    変化。

    夜中の茶肆ゆにわ

    今日は大晦日ですが、すでに徹夜です



    助手くんもジャージでがんばっています


    『変化』は、『神』です

    『四季のうつろい』も

    『数字』も

    『神』です


    2016年から2017年に変わる瞬間


    12月が1月に変わる瞬間


    その瞬間に神を見いだすための『祭』


    それが、大晦日!

    皆様、良い御年を!
    2016.12.31
  • おちゃ部
    ゲスト
    アイコン

    こがみのり

    新たな習慣。



    お茶をやるからには


    字も練習した方がいいよね


    と、いうわけで


    字が悲惨な事になっている助手くんに
    (私も大概ですが(^_^;))


    明日から強制的に練習させようかともくろみ中(笑)


    こが
    2016.12.16
  • おちゃ部
    ゲスト
    アイコン

    こがみのり

    ほうじ茶ラテの作り方♪

    助手くんの焙じ茶ラテ修行(・∀・)

    ほうじ茶ラテはお家で簡単に作れますよ♪

    【ほうじ茶ラテ(Ice)作り方】
    «材料»
    -1人前-

    ・焙じ茶 10gくらい
    (茶葉の個性によって増減して下さい)
    ・牛乳 200ml
    ・果糖
    ・きび砂糖
    ・塩(お好みで)
    ※茶肆では5種類の塩を使用しています

    «作り方»
    ・鍋に牛乳・茶葉を入れる
    ※火にかける前にキパワーソルトを数粒♪
    ・弱火でゆっくり温める
    ・焦げないように、時々かき混ぜる
    ・表面がふつふつしてきたら、塩を入れる
    ・噴き上がってきたら、茶漉しで漉しながらボウルに入れる
    ・あたたかいうちに砂糖類を入れて、よく混ぜる
    ・別のボウルに氷を入れておき、その中にラテのボウルを入れて急冷する

    ・・・で、出来上がり(・∀・)ノシ


    冬なので、近々あたたかいラテバージョンもお知らせしますね(*´∀`*)
    2016.12.12
  • おちゃ部
    ゲスト
    アイコン

    こがみのり

    木曜日 こが。



    今日は木曜日。


    定休日ですが、こがと助手くんは茶肆にいます。


    茶の練習です。


    日々の研鑽は怠りませんv(・∀・*)
    2016.12.8
  • おちゃ部
    ゲスト
    アイコン

    こがみのり

    伊勢に行ってきました こが。



    伊勢に行ってきました♪


    近くにいたおちゃ部員さんと、伊雑宮で記念撮影


    行ってない方の分も一緒にお祈りしてきましたので


    皆さんのところにも功徳のおおすそ分けが行ったらいいなーと


    思ってます(゚∀゚)


    また、行った方も、行ってない方も


    この二日間で感じたことなどありましたら、ぜひぜひ教えて下さいませ!!


    次の神社参拝で、おちゃ部で何か出来ないか
    (行く行かない関係なく)


    考えたいなーって、思ってます(*´∀`)


    それでは、よろしくお願いしますm(_ _)m


    こが
    2016.12.5