神話「古事記」には秘密が隠されている?~作り替えられた日本の神話~

古事記編纂



天武天皇の号令により
新たな国史編纂が始まりました


当時の歴史や神話に精通していた
稗田阿礼が神話を読み上げて


文字に精通していた
太安万侶が書き起こし、編集しました




新しい国史編纂に当たり
天武天皇からのオーダーがありました
それは・・・


「撰録帝紀 討覈舊辭 削僞定實 欲流後葉」
帝紀を撰録(せんろく)し、旧辞を討覈(とうかく)して、
偽りを削り実を定めて、後葉に流(つた)へむと欲(おも)ふ


という事でした
「帝紀」「旧辞」とは、天皇の系譜や古い伝承・神話をまとめたものでした
それらを書きまとめ、編集して新しい古事記を作れという事でした




書き直しの日々



太安万侶と稗田阿礼は
帝紀や旧辞、その他の神話をもとに
どんどん編纂していきますが・・・




正しく書き起こすことを求められたのではありません


「撰録帝紀 討覈舊辭 削僞定實 欲流後葉」
帝紀を撰録(せんろく)し、旧辞を討覈(とうかく)して、
偽りを削り実を定めて、後葉に流(つた)へむと欲(おも)ふ


つまり、乙巳の変以降の「新しい日本」に必要な「国史」の編纂が求められたのです




まあ、全部が全部天武天皇の指示ではないですよ
この当時から台頭していた藤原氏も大いにいっちょカミしています


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

当たり前の毎日に神様を感じる世界への入り口はこちら
茶肆ゆにわのコミュニティ「おちゃ部」
↓  ↓  ↓
「おちゃ部!!」


無料メール講座と神様メルマガもこちらから♪


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

お茶は昔から人の「覚醒」や「幸せ」のために使われてきました

自分の人生に悩んだときは お茶に聞いてみてください

きっと、今よりももっと輝ける自分 大切な人との未来が開けます( *´艸`)

 

たかがお茶

されどお茶

お茶は人生を変える不思議な飲み物です♪

 

『 神様に愛される 一杯の「お茶」習慣 』

茶人 こがみのり / 自由国民社

 

Amazonで購入


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です