古事記の内容をわかりやすく解説(*’ω’*)。神話に隠された秘密とは?

日本最古の神話「古事記」の誕生



みなさんは日本神話というものをご存知ですか?
代表されるものは「古事記」「日本書紀」の二つですが
ここでは、より有名な「古事記」の誕生について
見ていきたいと思います


古事記が作られたのは飛鳥時代
天武天皇が即位したときのことです


少し前の中大兄皇子(天智天皇)らによる蘇我入鹿暗殺事件(乙巳の変)で
たくさんの歴史書が焼けてしまいました






その後も度重なる戦乱で貴重な国の歴史書が焼けてしまい
即位した天武天皇は、新たに国史の編纂を命じたのでした






当時の日本にはたくさんの部族(小さな国)がいて
それぞれが、先祖代々お祀りしている神様を大事にしていました






そこで、天武天皇は
正式な日本の国史(神話)を太安万侶に編纂させることにしたのです





と、これは冗談ですが
あながち冗談とも言えないのです


なぜなら、古事記以前にいろんな神話があったのですが
それらの大半は隠されています


例えば、古事記に富士山は出てきません
日本の霊峰で、あれだけ大きくて素晴らしい山なのに
出てこないのです


これは、ちょっと不思議ですね
なぜかというと・・・



つづく・・・

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

当たり前の毎日に神様を感じる世界への入り口はこちら
茶肆ゆにわのコミュニティ「おちゃ部」
↓  ↓  ↓
「おちゃ部!!」


無料メール講座と神様メルマガもこちらから♪


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

お茶は昔から人の「覚醒」や「幸せ」のために使われてきました

自分の人生に悩んだときは お茶に聞いてみてください

きっと、今よりももっと輝ける自分 大切な人との未来が開けます( *´艸`)

 

たかがお茶

されどお茶

お茶は人生を変える不思議な飲み物です♪

 

『 神様に愛される 一杯の「お茶」習慣 』

茶人 こがみのり / 自由国民社

 

Amazonで購入


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です