ようこそ、ゲストさん。

茶肆ゆにわ

茶肆ゆにわコンテンツ

  • おちゃ部
    ゲスト
    アイコン

    こがみのり

    質問にお答えします。 ③

    A

    :茶道を習っていて、お茶が好きで、自宅マンションに炉を切って茶室も作り、茶事をしたり、茶道を教えたりしています。

    それで「悟りのお茶」と見て、単純に「お茶=茶道(抹茶)」の精神的な向上が出来ると思って申し込んだのですが
    一応確認しておこうとメール差し上げています。

    質問:「悟りのお茶」コースでご指導頂けるお茶の中に、抹茶(薄茶または濃茶)は、含まれていますでしょうか?

    以上、よろしくお願いします。



    Q

    :こんにちは。
    茶肆ゆにわの古閑みのりと申します。


    半年間講座へのお問い合わせを頂き、ありがとうございます。
    まず、結論から申し上げますと「お茶=茶道(抹茶)」ではなく


    広義の「お茶」となります。
    煎茶、抹茶、中国茶、を始めとして、東洋のお茶を指しています。


    東洋のお茶の背景にある、
    神道、錬丹術、禅、原始キリスト教などの精神向上の部分を学び、
    実践していただくという講座となっております。


    基本的に、講座自体は講義となり、別日で茶肆ゆにわで実践の時間を設けます。
    (こちらは参加は自由です)
    お茶の練習をしながら、セミナーでわかりにくかった部分などがあれば、
    この時間に個別に聞いていただけたらと思います。


    セミナーの内容には、もちろん抹茶の話も含まれますが
    実践はお煎茶での実践となります。


    何故お煎茶でなのかというと、幾つか理由はありますが、現実的な理由は、
    お茶に馴染みのない人でも簡単にできることと、


    日頃飲んでいるお茶との比較がしやすいため、
    お煎茶で実践したほうがわかりやすいことが、あります。


    一番重要な理由は、これはメールでお返事できるような内容ではないため
    講座にて、お話させていただきます。


    茶道、煎茶道、中国茶芸にはそれぞれの歴史と、背景がありますが
    東洋で飲まれるお茶は常に「精神向上」と密接なつながりがありますので


    抹茶も含んだ、広い意味での「お茶」の世界を通して、
    精神向上に繋げられたらと思っています。


    長くなりましたが、再度ご検討下さいませ。
    最後までお読み頂き、ありがとうございました。


    茶肆ゆにわ  古閑みのり
    2017.2.18
  • コメントする